大阪の美容学校を卒業して働く

サロンの一日は掃除から始まります。

床はもちろん棚の上もくまなく吹き上げます。閉店するときにも掃除をしますが、開店前は一層キレイにしておかなければいけません。お客さんをお迎えするためです。サロンでは大阪の美容学校を卒業して働いている人たちがたくさん活躍しています。大阪には美容学校がたくさんありますが、それぞれに特色があります。美容学校を選ぶときは将来のビジョンと合わせて選ぶことが大切です。

見習いの間は掃除やシャンプーなどが主な業務になります。シャンプーはアシスタントの仕事ですが、とても大切であると同時に高度な技術が求められます。お客さんにとっても、まず最初に受ける施術だからです。シャンプーがうまいとカットも上手だと言われるように、シャンプーの技術は店全体の技術と関係していると言えます。頭をキレイに洗うということだけでなく、人によって好みの温度は違います。気遣いをしながら洗うので、細かい点に気がつかないといけません。

大阪の美容学校を出て、美容師として働くまでには長い道のりがあります。途中でやめたいと思うこともあるかもしれません。実際多くの人が、志半ばにして路線変更をしています。その背景には労働条件の厳しさも関係しているかもしれません。長時間であり重労働、賃金がそれに見合っていないと感じるなら、離職率は高くなります。続けるためには本当にこの仕事が好きで、多少の苦労も乗り越えられる人が向いています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *