国家試験の合格率は大阪の美容学校選びでは重要

ヘアサロンで働くには大阪の美容学校を卒業してから、国家試験に合格し免許を取得しないといけません。試験には筆記と実地があって筆記は定められた科目をスクールで学習してから、その内容から出題され実地は技術の試験となります。国家試験は年に2月と8月に行われていて、2月は在学中にあるので合格率も高めで80%前後はあります。2月で不合格になると8月に再度受けることになりますが、合格率は下がって40%から60%になります。

つまり、在学中の方が色々なことで有利と言えます。大阪の美容学校では厚生労働省が規定した授業があり、試験に合格するための必要なことを学びます。カリキュラムや学習方法は異なっていて、試験合格に向けて力を入れているところや異なる内容に重点を置いた授業を行うところもあります。将来どうしたいかで、どこへ進学をするかを決めて、ビューティー関連のどの進路を選ぶ場合でも免許は必須です。

その意味でも、選ぶときに比較する基準の一つに、合格率は一つの目安です。試験は学科の科目が、関係法規・制度、衛生管理・保健・物理化学・美容理論などがあって、実地はワインディング・セッティング・カットなどをします。受かるために大阪の美容学校へ通ってカリキュラムを組んで計画的に進めます。合格率はそれぞれのスクールで違い、勉強の進め方や熱意で合格・不合格が左右され、試験に向けてしっかり勉強をして対策を考えた指導があるところを選ぶことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *